ネットワークエンジニアの仕事内容について、以下の記事で書いてみました。

 

就職活動や転職活動の面接では、自分のアピールポイントを話す場となりますよね。

そのアピール内容が、企業側の求めるネットワークエンジニア像に近ければ、合格する可能性が高くなると思います。

そのため、面接の手助けができるよう、僕なりに、求められるネットワークエンジニア像(スキル)を書いてみます。

就職活動や転職活動に、少しでも役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアの監視業務

1.監視業務はこんな業務

1-1.サービスが停止がないか管理する

 

企業は、世の中に貢献するため、お客さまに対してサービスを提供します。

サービスを提供するために利用しているネットワーク機器は機械ですので、壊れることがあります。

そのような故障を検知するのが、監視業務です。

 

故障を検知したら、どのサービスのどの装置なのか、というところくらいまでを把握して、その故障に対応する担当者(保守担当者)へ連絡します。

もし、それほど大きな故障ではなく、簡単に直せるものであれば監視担当者が直すことがありますが、基本的に監視業務は、監視するだけです。
(会社によって違うと思います)

 

ネットワーク装置が故障したかどうかは、ネットワーク監視ソフトウェアなどで管理します。

そのソフトウェアからネットワーク装置に対して、「生きてますか〜?」と尋ね続けて、応答がなくなったら故障したと判断するような仕組みです。

他にもネットワーク装置側から「僕は生きてますよ!」とか「ここが壊れちゃいました!」とかメッセージを出す仕組みもあります。

syslog、SNMP、などいろいろな技術がありますので、気になる方はGoogleで調べてみましょう。

 

そのように、ソフトウェアやネットワーク機器の情報に頼ることもありますが、他にも故障を検知する方法があります。

それは、お客さまの声です。

お客さまから「サービスが使えなくなった!」という連絡があれば、故障が発生した可能性が高いです。

 

このようにして、サービス提供に問題が発生していないか管理することが監視業務の1つです。

 

1-2.サービスを止めるような作業を管理する

 

先ほど説明した、監視を行うソフトウェアですが、こちらはそれほど万能ではありません

例えば、故障ではなく、作業により、ネットワーク機器を止めることもあります。
(ネットワーク機器のOSのアップデートなどですね。WindowsやiOSのアップデートみたいなものです)

 

監視業務担当者が知らないところで、こういった作業を実施した場合、故障と間違うことがあります。

これでは不便ですよね。

そのため、監視業務担当者は、事前に作業を行う部署から「どんな作業を行い、いつ行い、いつ終わるのか」などを管理します。

作業をする前に連絡をもらい、該当するネットワーク機器の異常発生はムシする、などです。

 

このようにして、本当の故障と作業を区別します。

 

2.監視業務で求められる能力(スキル)

2-1.情報を聞き取る能力(スキル)

 

監視ソフトウェアが出してくれるメッセージは、ある程度、故障場所を特定してくれるのであまり苦労しません。

ただ、お客さまからの「サービスが止まった!」などの連絡を元に、故障場所を特定するのはなかなか困難な作業です。

他にも「サービスが使えたり使えなかったりする」「今は使えているが、1時間前に止まったっぽい」とか、お客さまの声はさまざまです。

 

こういった声は、基本的には電話で伝えてくることが多いです。
(メールの場合もあるのでしょうが、僕の会社ではほとんどなかったように思います)

 

また、やっかいなのが、お客さま側の問題の時もあるということです。

例えば、電源コードが抜けていた、とか、お客さまの宅内で電源工事があって停電していた、とか。

 

こういったいろいろな場合があるため、お客さまとの電話により、
いつサービスが停止したのか、状況はどういうものなのか
などを詳しく聞いていく必要があります。

 

お客さまによっては、ネットワーク知識がない方もいらっしゃいます。

ネットワーク知識がないから、ネットワーク関係に詳しい会社に頼っているわけで、ネットワークを使う人がすべてネットワークに詳しいわけではないです。

そういった方も含めて、何がどう起こったのかを聞くことが非常に重要になります。

 

いわゆる、電話オペレーターが求められるものと同じだと思います。

現地のものや状況を見ることができない状況で、電話だけで聞き取って、いかに状況を把握できるかという能力が求められるのです。

まとめ

 

ネットワークエンジニアの監視業務に求められる能力(スキル)について、なんとなくわかりましたでしょうか?

 

記事内容が少なくて申し訳ないです。

僕は、監視業務の経験がありません。

そのため、このようなことくらいしか書けませんでした。

が、それほど大きく外れていないと思います。

 

監視業務でキツイのは、そういったことより、睡眠の問題かなぁと思います。

24時間365日、監視を行う必要がありますので、おそらく夜間業務も実施することになると思います。

例えば、夜9時から朝9時までの業務とかですね。

 

そういった勤務形態が苦手な人は監視業務はツライと思います。

 

監視業務は、複数のサービス、場合によっては、会社が実施しているほとんどのサービスの監視を行うことになると思います。

つまり、幅広いサービスを把握できるということです。

もし、その会社のサービスを詳しく知って、その後、工事や計画を行いたいということであれば、監視業務から入っていくという方法も良いのではないかと思います。

 

求人情報には詳しく書いてあると思いますので、よく読んで、自分がやりたい業務かどうか調べてみましょう。

頑張ってください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事