あけましておめでとうございます。

2020年になりましたね。

2 0 2 0 という「20」「20」という同じ数字が並ぶので、見ていて気持ちがいい年です。

 

2020年の目標は、収入を得ることにしました。

2018年に脱サラのために11年間勤めた会社を退職し、2019年はスキルアップ(主に英語力)に専念しました。

2020年は、今までの知識やスキルを活用して、月収10万円(最低限の生活費)を確保することを目標にしたいと思います。

 

まずは英語でYouTubeをします。

東京オリンピックが2020年7月〜8月にあり、「JAPAN」という検索ワードが増えると予測して、それまでに「JAPAN」を紹介する動画を準備します。

 

2020年7月までに、チャンネル登録数1,000人を達成させ、収益化させておくことが理想です。

これにより、「JAPAN」アクセス需要が高いとき(7月〜8月)に、再生数がのび、収入が大きくなると考えています。

または、この時期にアクセス需要が高くなり、チャンネル登録者数1,000人を超え、収益化することができるという考えもあります。

とりあえず、2020年7月〜8月に、英語YouTubeの成果(結果)が出ると考えてます。

 

また、動画作成により得られた知識をブログで情報公開することで、収益を得ます。

 

これらにより、2020年11月1日までに月収10万円を達成させたいと思います。

楽しみです。

 

さて、2020年1月1日現在の総資産は、2,649,887円でした。

今までの総資産の推移は、>>【こちら】<<にまとめてます。

前月1日の総資産 2,776,427円
前月の収入 52,154円
前月の支出 - 178,694円
今月1日の総資産 2,649,887円
スポンサーリンク

1. 収入

2019年12月の収入の内訳は以下のとおりです。

インターネットビジネス
(ブログ、YouTube)
0円
親族からの返金 50,000円
キャッシュレス・消費者還元分 2,154円
前月の収入合計 52,154円

 

インターネットビジネスの収入はありませんが、その他の収入がありました。

 

まずは、親族からの返金です。

サラリーマン時代に貸し出していたお金が返ってきています。

当分はこの返金により生活費をおぎなう予定です。

 

また、「キャッシュレス・消費者還元分」が、2,154円ありました。

キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9ヶ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

 

僕はいつも、近くのスーパーで食料品を買うのですが、クレジットカードで支払いをしているため、「キャッシュレス・消費者還元」がありました。
(ちなみに、そのスーパーの会員にはなっていません)

20,000円前後の支払いで、2,154円の還元でしたので、約10%ですかね。

消費税が8%から10%に上がりましたが、「キャッシュレス・消費者還元」のおかげで、全く影響はありませんね。

僕は良い取り組みだと思います。

 

2. 支出

2019年12月の支出の内訳は以下のとおりです。

1. 最低限必要な生活費 (66,508円)
家賃
(駐車場含む)
21,385円
電気代 10,183円
水道代
(2ヶ月に1回の支払い)
0円
ガス代
(電化住宅のため不要)
0円
通信費
(インターネット)
7,920円
通信費
(携帯電話)
1,543円
食費 25,477円
2. 税金および年金 (93,800円)
所得税
(3月に支払い予定)
0円
住民税
(2019年6月に一括支払い済み:252,700円)
0円
国民年金
(2019年4月に一括支払い済み:193,420円)
0円
国民健康保険
(2019年7月~3月支払い予定:375,600円)
93,800円
(12月2日と25日に支払い)
3. 投資 (13,024円)
サーバー運営費
(毎月)
1,100円

(4冊)
2,057円
カメラリュックと三脚 7,321円
洋画
(iTunesストア)
2,546円
4. その他 (5,362円)
自動車保険料
(毎月)
2,670円
日用雑貨
(ティッシュほか)
2,692円
前月の支出合計 178,694円

 

2-1. 本代(4冊)

12月は本を4冊購入しました。

  1. YOUTUBE MARKETING
  2. How to earn money by YouTube
  3. YouTube MARKETING SECRETS
  4. YOUTUBE MASTERY MARKETING 2020

 

4冊とも、英語でYouTubeを実施するための準備のために購入しました。

洋書で購入した理由は以下の理由です。

 

英語でYouTubeを実施するということは、英語の市場で勝負することになるため

 

これは今後の読書方針にもつながる考え方です。

今後、脱サラを目指し読書をし続けると思うのですが、以下のような考えで読書をしていきたいと思います。

 

・英語YouTubeで稼ぐことに関しては、外国人が書いた本(洋書または日本語版)を参考にする

・日本語ブログで稼ぐことに関しては、日本人が書いた本を参考にする

 

それぞれの市場では、それぞれの考え方ややり方があると思っています。

アメリカ人がアメリカの市場に関して書いたマーケティングの本は、日本の市場に適用できる可能性はあるかもしれませんが、僕は適用しないことにします。

これは実験です。

自分で実施する実験。

 

日本市場で戦うブログは、日本市場で戦ったことがある人の本を参考にするという考え方です。

とりあえずはこのような考え方で稼ぐための行動を続けたいと思います。

 





2-2. カメラバッグと三脚

先月、シネマカメラの「Blackmagic design Pocket Cinema Camera 4K」を購入したのですが、それ用に、カメラバッグと三脚を購入しました。

 

今まで普通のバッグ(TUMIのビジネス用リュック)にカメラ用品を入れていたのですが、取り出しにくいし、カバンの中でぐちゃぐちゃになったりしていました。

カメラバッグは仕切りを自由に作ることができますので、自分の使いやすいように調整したいと思います。

 

また、自宅の撮影用に、三脚を購入しました。

英語YouTubeではvlog(日常を撮影)を公開しようと思ってます。

外国人向けに、日本人の生活感を公開します。

三脚がないと、料理の撮影や食事風景を撮影しにくいため、購入しました。

 

これからカメラバッグや三脚を使っていく中で、必要によりレビューしていきたいと思います。

 



2-3. 洋画(iTunesストア)

iTunesで1つの映画を購入しました。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」です。

 

レオナルド・ディカプリオの作品なので購入しました。

浪費のようですが、この作品から撮影の構図なども真似したいと思っていますので、英語YouTubeのための投資とさせていただきます😅。

 

さて、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」をこれからみようと思っている人に伝えたいことがあります。

以下の2つの情報だけ、映画を見る前に頭にいれておいてください。

これにより、映画をより楽しめると思います。

 

1969年にハリウッド女優シャロン・テートがカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を背景に、ハリウッド映画界を描いた作品。

 

シャロン・マリー・テート(Sharon Marie Tate、1943年1月24日 - 1969年8月9日)は、アメリカ合衆国の女優。テキサス州ダラス出身。妊娠中に狂信的なカルト信者らに刺され、26歳で母子ともに亡くなった。

 

非常に悲しい事件があったようですが、この出来事を予備知識として映画を見ることをお勧めします。

 


3. 1月予定

1月1日現在、YouTubeチャンネルの登録者数はまだ2人です。

収益化の最低条件の1つとして、チャンネル登録者数1,000人があります。

まずはここを達成させたいと思います。

 

2つの目標を立ててます。

ポジティブな目標とネガティブな目標です。

 

・2月1日にチャンネル登録者数1,000人を達成させる(ポジティブ)

・9月1日にチャンネル登録者数1,000人を達成させる(ネガティブ)

 

まずは勢いをつけるため、ポジティブな目標の達成を目指し、行動開始します!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事